ママ活アプリ「SILK(シルク)」の真実!ゼロから学べるSILKの全てを大公開

                                       
                                   

「大人の女性と出会ってみたい」「大学生の男の子とデートしてみたい」という人はいませんか?

そんな人たちに知ってほしいのが、大人の女性と年下男性という新しいカタチの出会いを応援してくれるマッチングアプリ「SILK(シルク)」です。

SILKはまだ新しいアプリなので「本当に大丈夫?」と気になっている人も多いと思いますので、今回は良いことも悪いことも包み隠さずお伝えしていきます!

SILKの全貌を知りたい人はぜひ参考にしてみて下さい。

そもそもSILKってどんなアプリ?

そもそもSILKってどんなアプリ?

今ママ活アプリとしてもっとも注目されているのではないかと噂の「SILK」ですが、いったいどういうアプリなのでしょうか。

SILKは男子大学生と大人の女性のためのマッチングアプリ!

SILK(シルク)」は2018年11月にリリースされたマッチングアプリで、SPIKE株式会社という会社が運営しています。

SILKのコンセプトは、
年下男子と知り合いたい「大人の女性」と年上の女性に魅力を感じている「男子大学生」をつなげるマッチングサービス
と謳っています。(SILK公式HPより)

しかもSILK公式では「人生経験豊富で経済的余裕のある女性が「目標に向かって日々努力を重ねる医学生」や「才能を活かしてクリエイティブ職を目指す美大生」など若くて才能溢れる男子大学生を応援する機会を提供するマッチングアプリです。」と表記しているので、言い換えるとまさに「ママ活アプリ」だと言えます。

ちなみに登録できるのは女性は誰でもOKですが、男性は10代・20代の大学生のみとなっています。

SILKは男性は料金無料、女性は定額料を払って利用するアプリなので、女性が男性を選ぶというコンセプト上、男性の質は高く設定されているです。

実際に登録している男子大学生を見ると東大・慶応大・早稲田大などかなり高学歴男子が多いように思われます。

ちなみにSILKは今のところまだアプリ化はしていないようなので、ウェブ(ただしLINE IDが必要)からの登録のみとなっています。

最近流行りの「ママ活」って何?

さてここで「ママ活っていったい何?」という人のために簡単におさらいしていきましょう。

一般的に「ママ活」とは、「大人の女性が若い年下の男の子と出会い食事をしたりデートをしたりする」ことです。

女性の中には既婚者もいるようで、一般的にはお金を持っている裕福な女性がママ活をしていることが多いです。

一方の男性はというと、大学生や20歳前後くらいがほとんどであり、年上の女性とデートしてお金を稼ぐアルバイト感覚で利用している人が多いようです。

つまり、女性は若い男性とデートできる、男性は年上女性と付き合ってお小遣い稼ぎをするという、いわばwin-win(ウインウイン)の関係がママ活の醍醐味だと言えます。

また、ママ活の場合、多くは体の関係を持たずデートや食事のみですが、お互いが合意であれば体の関係に発展するケースもあるようです。

SILKの主な特徴3つ

ママ活アプリSILKには他のマッチングアプリとは一味違う変わった特徴が3つあるので見ていきましょう。
 

登録には「LINE」が必要!

まず驚いたのがSILKに登録するためにはLINE IDが必要だということです。

従来のマッチングアプリだとメールアドレスかSNSアカウントがあればその情報で登録することができたのですが、SILKの場合はLINEアカウントが必須です。

そのためLINEに登録していない人はまずLINE登録が必要になります。

LINEからSILKに登録してみると本当にピンポンピンポンとLINE通知が鳴りますのでちょっとびっくりですが、即通知オフにしておけば問題ありません。

「LINE経由ってことはSILKのことが友達にバレるんじゃないの?」と心配になりますが、SILの情報はLINEには一切投稿されないのでご安心下さい。
 

ログインはラインからおこなう!

筆者もはじめは「SILKってどこからログインしたらいいんだろ?」と思っていたのですが、なんとLINE画面からログインするのです。

マッチングアプリとしては何とも変わったログイン方法ですが、LINEを友達に送る時のようにホームやトーク画面からSILKを探して開くとログインボタンが押せるようになっており、すぐにログインすることができました。

アプリと違ってスマホのホーム画面に貼りつくことがないので、ある意味、LINEからのほうが身バレ対策になりそうですが、あくまで通知オフをお忘れなく…
 

SILKは条件検索ができない!?

「SILKって検索が不便」という声は聞いていましたが、やってみると本当に検索が使いづらいです。

SILKには「さがす(虫めがねマーク)」はあるのですが、そこを押してもログイン順で表示されるだけで、「居住地」「年齢」などの条件が全く絞れないのです。

しかも誰かのプロフィールを見て戻ろうとすると、また1番上に戻っていてそこからスクロールしなければならない、これは非常に不便です。

ですのでSILKはピンポイントで好みの異性を見つけるのはかなり困難なアプリであると言えるでしょう。

SILKってどんな人に向いているの?

SILKってどんな人に向いているの?

まだまだ謎が多そうなSILKですが、向いている人はどんな人?実際に使っているのはどんな人?というのを見ていきましょう。

[男性編]SILKをおすすめしたい人とそうでない人

まず男性についてですが、ずばりSILKが向いている!という人は、
☆大人の女性が好き
☆将来起業したい
☆お金がなくて困っている
☆高学歴大学生
☆イケメン

これらのうち1つでも当てはまったらSILKに登録してみる価値がありそうです。

ちなみに男性の場合「男子大学生」のみ登録できるとお伝えしましたが、「専門学校生」もNGだそうです。

また、SILKの公式データによると、登録している大学で特にユーザーが多いのは以下の都道府県です。

SILKデータ①

やっぱり関東圏や大阪などの登録が多くなっているようですね。

ちなみにこのデータは2019年10月のデータですが、この時点で全都道府県コンプリートだそうです。
となると2020年現在ではもっとユーザーが増えて登録大学数も多くなっていることでしょう。

そして特に登録者が多い大学はというと、

SILKデータ②

SILKユーザーの所属は実に有名大学ばかりですね!

実際にSILKに登録して調査したところ、頭が良い子が多いのでプロフィールもしっかり書いているし、真面目そうな子が多いなという印象でした。

しかもイケメンの多いこと!普通に暮らしてても絶対にモテてるだろー!という男子が多く、ジャニーズ顔負けの子もけっこういたので、これだとママ活のやりがいがあるってものですね。(ちなみにSILKは表立ったママ活は禁止です)

SILKの公式最新データはまだ最近のものが出ていないので分かりませんが、2019年10月時点よりももっとユーザーが増えてママ活しやすくなっているのではないかと思われます。

[女性編]SILKをおすすめしたい人とそうでない人

では女性ユーザーはどうかというと、ずばりSILKが向いているのは、
☆年下が大好き
☆若い男性を援助してみたい人
☆日常を忘れてドキドキしたい
☆お金持ち

こういう女性はSILKでドンピシャの男子が見つかるかも知れません。

SILKによると女性の年齢制限は一切ないので上限は何歳でも登録できるそうです。
現在SILKに登録している女性の年齢層はというと、

SILKデータ③

これはSILKの公式データですが、約半数が30代とのことで、40代もけっこういるようですね。
SILKはママ活アプリというだけあって、30代以上のお金に余裕のある女性が多いようですね。

では容姿はどうなの?とうことですが、はっきり言うと、あまり可愛い女性はいませんでした。
まれにかわいい20代女性がいたりもするのですが、ママ活アプリなので逆にちょっと怪しいです(笑)

しかしSILKは男女比でいうと圧倒的に男性が多いですしほぼママ活目的なので、女性は特に可愛くなくてもすぐにマッチングできるようです。

SILKって怪しい!?サクラや業者の有無について

SILKって怪しい!?サクラや業者の有無について

マッチングアプリを使う上で1番心配なのが「サクラ」「業者」についてですよね。

まず「サクラ」についてですが、SILKは男性は基本的に無料か「月額課金制」なのでサクラが存在する可能性はほぼ皆無だと言えます。
そもそも月額課金制だとサクラを使ってもあまり意味がありませんからね。

では「業者」はというと、中には20代女性で明らかに怪しい人がいるとの情報も…
SILKの業者はプロフィール写真が可愛すぎるのが特徴で、実際にデートしようとすると怖い男性が出てきてしまうという美人局パターンです。

あとは最近はやりつつある「ママ活詐欺」についても注意が必要で、ママ活の補償金を要求して来たり、ママ活と偽って怪しい出会い系に登録させるパターンもあるようです。

SILKからこれらの詐欺被害が出ている訳ではありませんが、これはママ活アプリ全体に言えることなので、もしこんな女性に出遭ってしまったらママ活どころではなくなるので注意が必要です。

業者はほんの一握りしか存在しないと言われていますが、危険な目に遭わないように相手をしっかり見極めていきましょう。

ちなみにSILKではどういう安全対策があるのかというと、
・24時間監視体制
・本人確認の徹底
・インターネット異性紹介事業者の登録

という基本的な安全対策はバッチリ講じているので安心です。

SILKの安全対策

もし怪しいユーザーがいた場合、SILKではすぐに強制退会などの措置をとってくれますし、24時間監視し事前にトラブルが起こらないよう徹底的に努めているそうです。

実際に登録したところ、顔写真の審査がかなり厳しく、しっかり本人が写っていないものだと却下されるので、機械ではなく人の目でチェックしていることが分かりました。

そう考えるとSILKの安全対策はかなりしっかりしていると言えるのではないでしょうか。

男性無料!?SILKの気になる料金体系について

男性無料!?SILKの気になる料金体系について

「SILKっていまいち料金システムが分かりにくいなあ」と思っている人も多いようですが、調べてみると意外と単純です。
2020年の現段階での料金システムについてみていきましょう。

まず男性はというと、基本的には無料で利用できますので、お金のない大学生にはかなり嬉しいですね。

しかし、もっと効率よく使いたい男性のために有料プランも用意されています。

<男性の有料プラン>
・1ヶ月プラン→1800円(3000ポイント付)
・3ヶ月プラン→1300円(5000ポイント付)
・6ヶ月プラン→1100円(9000ポイント付)
・12ヶ月プラン→900円(18000ポイント付)

有料プランといっても、一般的なマッチングアプリと違ってかなりリーズナブルな料金設定になっていますね。

ちなみに男性が有料プランに登録するメリットは、
・検索で上位表示される
・1日に「いいね」できる回数が増える
・女性から「いいね」のお返しがもらいやすくなる

というように、より女性ユーザーに見つけてもらえるよう優遇されるのでマッチングしやすくなるようです。

そして女性の料金体系は以下の通りです。

<女性の料金プラン>
・1000ポイント→1000円
・3000ポイント→2850円
・5000ポイント→4500円
・10000ポイント→7500円

 
このように、今のところポイント課金制のみのようです。

ちなみに花束(いわゆるメッセージ付きいいね)は1回あたり1000ポイント必要なので、頻繁に使いたい人はまとめて購入したほうが割安になります。

SILKの支払い方法ですが、
・クレジットカード
・銀行振込

のいずれかになります。

ちなみにSILKでは後払い式で請求書がメールで送られてから支払いとなるので、すぐにポイントを追加したいという時などは便利ですね。

SILKの登録方法!1分でサクッと登録しちゃおう!

SILKの登録方法!1分でサクッと登録しちゃおう!

それでは実際にSILKに登録する方法を見ていきましょう。

①まずLINEの公式アカウントURL:https://line.me/R/ti/p/%40ocu5843z
からSILKの友達登録をしましょう。

SILK登録方法①

②LINEに「友達登録ありがとうございます!」というトークがくるので「新規登録」ボタンをタップします。

SILK登録方法②

③さらにトーク内の「新規登録する」をタップします。

SILK登録方法③

④続いて下記の基本情報を入力していきます。
男子大学生のみ「大学メールアドレス」が必要となります。

SILK登録方法④

⑤入力し終えたら同意するにチェックを入れて「登録する」をタップします。

SILK登録方法⑤

これで登録完了です。
続いてプロフィールを作成していきます。

⑥下記の「マイページ」からプロフィールを編集していきます。

SILK登録方法⑥

プロフィールは「名前」「居住地」「職業」「自己紹介」となっており、これを登録しないとSILKが使えないので必ず入力しておきましょう。

ちなみにプロフィール写真も必須なのですが、本人以外の怪しい画像や風景・ペットの写真をアップすると運営から却下メールがくるのでご注意下さい。(これは実証済みです)

また、メッセージをするためには「年齢確認」が必須ですし、「LINEアカウントの友達登録」をしておくと1000ポイントがもらえるので、できればこの2つも済ませておきましょう。

実際にSILKを使ってみよう!

実際にSILKを使ってみよう!

SILKに登録したあとは、LINEからログインするようになります。

SILKログイン画面

LINEのトークに上のようなメニューが出てくるので4つのいずれかのボタンをタップします。

・さがす→異性を検索する
・マイページ→プロフィールの編集・足あと確認・ポイント追加などの設定
・メッセージ→メッセージが見れる
・お相手から→異性からの「いいね」「花束」の確認

基本的には「さがす」をタップしてお相手を検索します。
写真付きで異性の一覧が表示されるので、気になるお相手をタップします。

プロフィール

プロフィールの詳細と写真が出てくるのですが、SILKの良い所はプロフィール写真がかなり大きく表示される点です。(ここではお見せできないので残念ですが…)

従来のマッチングアプリだとスマホの画面で写真をみると小さすぎてよく分からないのですが、SILKは画面いっぱいに写真が表示されるのでかなり見やすいです。

気になったらさっそく「いいね」「花束をおくる」でアプローチしていきます。

実際に使ってみると「いいね」を送った相手からすぐに「いいね」が来て即マッチングするというケースも多かったので、SILKはけっこうオンライン中のユーザーが多いなという印象でした。

しかし、先ほどもお伝えした通り、SILKでは条件検索をすることができずあくまでもただ表示された人を見ていくだけなので、なかなか好みの異性にたどり着くのが難しいなというのが正直な感想です。

SILKって退会したら2度と再登録できない!?

SILKって退会したら2度と再登録できない!?

ちなみにSILKの退会方法は以下の通りです。

①「マイページ」の「設定」→「ヘルプ」→「退会」を順にタップしていく
②「退会方法を教えてください」という項目をタップすると退会リンク: https://app.silk-jp.com/leave/が出てくるのでアクセスします。
③「退会理由」を記入して「退会する」をタップして完了です。

この時に注意してほしいのが「2度と同じメールアドレスで登録できない」ということです。

もし、退会したあとに「やっぱりまたSILKをやりたい」となっても同じアドレスが使えないので注意が必要です。

もし再登録したくなったら、別のアドレスでログインすればいいだけなので特に問題ないかも知れませんが、大学のメールアドレスだとなかなか複数もつのは難しいでしょう。

他のマッチングアプリだと一定期間をおくと再登録できるアプリがほとんどなので、この点SILKは融通がきかないなという印象はありますね。

SILKは出会えない!?ユーザーの口コミを徹底調査!

SILKは出会えない!?ユーザーの口コミを徹底調査!

男子大学生と大人の女性のためのマッチングアプリSILKですが、実際のところどうなのでしょうか?
SILKを使ったことのある人の口コミを見ていきましょう。

SILKの気になる口コミはこちら

SILKはまだリリースして浅いことから評価がなかなか出てこなかったのですが、なかなか興味深い口コミを何件か発見したので見ていきましょう。

SILK口コミ①

実際にSILKでママと出会えた大学生の口コミのようです。
ママ活について不安や心配なことがいろいろあって始めたようですが、実際に出会ったママはかなり良い女性だったようです。

SILK口コミ②

SILK口コミ③

筆者も実際に使ってみて思ったのが、地方民が少なすぎる!ということです。

大学生はほとんど東京中心の関東周辺の大学ばかりですし、それを狙う女性も首都圏の方がほとんどです。

地方都市ならまだましですが、SILKは過疎地域ではまだまだ普及していないマッチングアプリのようです。

SILK口コミ④

試しに専門学校のアドレスで登録できるかやってみたようですがやはり無理のようです。
SILKはそういう点で安全対策にかなり力を入れているようですね。

SILK口コミ⑤

SILK口コミ6

これは間違って有料購入ボタンを押してしまってキャンセルしたいができなかったという大学生の投稿ですが、それに対する返信が、運営にゴネルと何とか返金してもらえたというものです。

いったん契約した以上は支払の義務がありますのでこの件は大学生に非があると言えますね。

この学生によると、支払期日までに支払わないと
「自宅住所に内容証明郵便にて督促状の送付
信用情報機関に延滞情報(ブラックリスト)の登録
債権買取業者への債権譲渡
債権譲渡後は譲渡先債権者より本請求に関する督促が行なわれますのでご注意ください。」
という通知メールが来て怖かったということです。

しかし、1年分の課金ボタンが間違えやすいところに配置されているのもちょっと怖いですね。
皆さんも誤ったクリックには気を付けましょうね。

SILKの口コミから見るメリット・デメリット

SILKの口コミから見るメリット・デメリット

<SILKのメリット>
・ほぼ顔写真が登録されている
・高学歴男子学生と出会える可能性が高い
・料金システムが分かりやすい
・安全対策がなされている

<SILKのデメリット>
・過疎地域では出会えない
・条件を絞って検索ができない
・男性は大学生以外は使えない
・メールアドレス以外の登録ができない
・女性の容姿の質が低い

SILKはママ活アプリとしては十分出会える可能性がありますが、何せまだリリースしてそれほど経っていないため、ユーザー数がかなり少ないと思われます。

そのため、都心付近に住んでいる人は十分で出会えますが、それ以外の人にとってはあまり期待できないので他のアプリの方がおすすめです。

また、条件検索ができない、メールアドレス以外の登録方法がない、など、いまいち使いづらいなという印象も否めません。

SILKは今のところ、メリットよりもデメリットのほうが少し優っているアプリと言えますね。

結論!SILKはママ活としては〇!マッチングアプリとしては△!

結論!SILKはママ活としては〇!マッチングアプリとしては△!

SILKはママ活専用のマッチングアプリというだけあって、ニッチな市場を狙うという点ではかなり需要があると言えるでしょう。

しかし男性は大学生という属性がないと登録すらできないアプリでもあるので、かなりユーザーを絞り過ぎているような感じもします。

そしてマッチングアプリとしてみるとイマイチだなという感じで、実際に使ってみるとけっこうやりづらさを感じることが多く、「他にもっと良いアプリがあるでしょう」という結論に至りました。

SILKは全体的に改善の余地がまだまだありそうな、今後に期待したいマッチングアプリといったところでしょうか。

現役男子大学生イチオシ!本当に出会えるアプリはこの2つ!

現役男子大学生イチオシ!本当に出会えるアプリはこの2つ!

本当に大学生はマッチングアプリが大好きです!
ママ活だけではなくいろいろな出会いが楽しめるアプリをよく知っているなという感じですが、そんな現役の大学生が特におすすめする人気のマッチングアプリを2つご紹介します。

本当に出会えるマッチングアプリを探している人や、SILKに登録できないという大学生以外の人にもおすすめです。

運営実績18年以上!本当に出会いたいなら「ミントC!Jメール」

ミントC!Jメール」は会員数600万人以上の大規模な出会い系サービスです。

全国にユーザーがいるのでどこにいても出会えるという点ではSILKよりもこちらのJメールが絶対おすすめです。

Jメールは恋活・婚活というよりはセフレ・割り切りなどの気軽な出会いを求める人が多く、ママ活としても十分出会える可能性が高いと言えます。

また、Jメールは掲示板機能が豊富で、「今日ひまな人」「すぐに会える人」など即日の出会いも実現できるところが◎です。

そして、熟女、セクシー系、若い人妻など、豊富なユーザーの中からお好みのママを選べるのもJメールの魅力です。
「若いママがいい!」「とにかく美人な容姿のママに出会いたい」などユーザーが求めている女性が見つかりやすいのはかなり嬉しいですね。

Jメールは無料登録するだけで1000ポイントもらえるので、試してみたい人はとりあえず無料会員から始めてみるのもおすすめです。

<18禁サイト>まずは無料でJメールを試す

安全性の高いママ活をしたいならこれ!「ワクワクメール」

現役男子学生が次におすすめするのが会員数750万人以上を誇る「ワクワクメール」です。

ワクワクメールは現在1000万組以上のマッチングを誇っている大型出会い系サイトであり、なんと1日で1000~2000人の新規ユーザーが登録しているそうです。

ワクワクメールの運営も19年と出会い系ではかなり長いほうで、そのため安全性の高さが売りの1つでもあります。

ワクワクメールに実際に登録している人の中でも「初めてでも安心して使える」という声が多く、ママ活初心者にも特におすすめです。

実際にワクワクメールには他のサイトと比べても可愛い女性が多いので1度は使ってみてほしいアプリの1つです。

今だと1200円分の登録ポイントがもらえるので、うまくいけば無料で良ママとの出会いがあるかも知れません。

無料1,200円分でワクワクメール【18禁】を試してみる

ママ活アプリ「SILK(シルク)」の真実!まとめ

ママ活アプリ「SILK(シルク)」の真実!まとめ

SILKはまだリリースされたばかりでユーザーが少ないマッチングアプリなので、これからどう変わっていくのか楽しみなアプリでもあります。

そしてSILKはまだアプリ化されていないので、今時点ではライン経由で登録するのみです。

もしどのマッチングアプリにしようか迷っているという人はSILKも使ってみる価値ありだと思いますが、それ以外にもおすすめアプリはたくさんあるのでぜひ試しに登録してみて下さいね。

今回ご紹介したようなマッチングアプリをきっかけにして、あなたの毎日をもっと楽しくハッピーなものに変えてみてはいかがでしょうか。

おすすめの記事

The following two tabs change content below.
編集部 庵

編集部 庵

好奇心旺盛girl。色んなマッチングアプリを体験中。 最近韓国にハマりすぎて1時間でハングルを制覇。彼氏と韓国デートに行くことが今の目標。(彼氏いないけど)

ライター紹介はこちら