知らないとヤバい!正しいオナニーのやり方を徹底解説!

                                       
                                   

オナニー。自慰行為とも呼ばれる性的行為のひとつですが、その名の通り、“自分で自分の性器を慰める”方法となります。

さて、そんなオナニー。昔から続けていながらも、案外正しいやり方を知らない方は少なくありません。

もし、間違ったオナニーを続けていると大変なことに…。ここでは、オナニーの正しいやり方について解説していきます。

正しいオナニーをするメリット

女性に受け入れられる男性

“オナニーに正しいも正しくないもあるものか”。そう思った方も多いことでしょう。そもそもオナニーの最終的な目的は射精。そのため、基本的にはオナニーのやり方など自由でよいわけです。

しかし、間違ったオナニーをし続けてしまうと本番のセックスや日常生活に支障をきたといわれています。

例えば、このような弊害です。

・膣内射精障害
・ペニスの変形
・オナニー依存症

まず過渡な圧力を加えてペニスに刺激を与えてると、膣内の微妙なニュアンスでは物足りず中折れ、射精障害が起こると考えられています。当然、ペニスの変形も考えられるでしょう。

オナニーでしかイケなくなれば、オナニーに頼らざる得ないため強い刺激を求めてオナニー依存症になることもあります。

オナニーは自己で完結させることができる便利な性処理ではありますが、正しくしないとリアルな性生活に悪影響を与えます。アレンジは大切ですが、根本的なやり方を知ることが大切なのです。

オナニーのやり方

ペニスを握ろうとしている手

ここからは実際にオナニーの正しい方法を、順を追って解説していきましょう。
オナニーのやり方はこういった流れで進めます。

・リラックス状況をつくる
・オカズを用意する
・ゆっくりと勃起させる
・優しくペニスをしごく
・ゆっくり時間をかけて射精
・後処理

では、これらを解説していきます。

リラックス状況をつくる

オナニーをする場合、リラックした状況と作ることが大前提となります。

私たちは、ストレス状態によって交感神経と副交感神経のどちらかが優位となっています。

ストレス状態の交感神経優位時の場合、血管が収縮する緊張状態であることから勃起しにくい状況。

一方、リラックス時の副交感神経優位時は血管が拡張している状態ですので、ペニスの海綿体にスムーズに血液が送られるため勃起しやすい状況にあります。

例えば、上司に怒られている緊張状態では勃起しないものの、心を許せる女性といてリラックしている時は勃起しやすい状況といえます。

オナニーをするためには、誰にも邪魔されない、声も聞こえない、安心してオナニーができる空間づくりを心がけるべきです。

オカズを用意する

本来、正しいオナニーのやり方は“妄想や音声のみ”などといわれています。しかし、それらは射精障害のケアに使われることが多いため、一般的なオナニーであればオカズを使って問題はありません。

さて、男性は視覚刺激から性的欲求を高めることで知られているため、どんなものを対象にオナニーをするのかはとても重要です。

例えば、男性は女性の身体の一部を見ながらセックスをすることを求めます。

顔、胸、尻、脚など人それぞれですが、その姿を見ながらペニスを刺激することで、より高い快楽を得ることができる脳構造になっているのです。

オカズは画像、動画、雑誌、漫画など、どれを選んでもよいでしょう。(あまりにも刺激が強すぎるものは射精障害を引き起こす可能性がありますので注意してください)

ただし注意したいのが、音声があるもの。周囲に迷惑ならない音量、ヘッドフォンなどを利用して安心してオナニーに没頭できる空間を作っておくことを前提として楽しんでください。

ゆっくりと勃起させる

オナニーしたい時というのは、とにかくムラムラした状態かもしれません。しかし、いきなり興奮度を最高潮に上げてフル勃起させるのではなく、あくまでゆっくりと勃起させていきましょう。

「即フル勃起→強烈な刺激→すぐに射精」という構図を作ると、本番のセックスでも自分の快楽だけを求めるクセがついてしまいます。

オナニーであっても、“プロセスを楽しむ”。このスタイルをキープできるようにしましょう。

優しくペニスをしごく

さて、ペニスの勃起力が高まってきました。ギンギンに硬くなったペニス。ここから、最終的な射精に向かい強くしごきたいところです。

しかし、ここでも注意点があります。軽く前述しましたが、ペニスに強い刺激を与えると射精障害が起こる可能性があります。

思い切り強く握ったり、固い床などに擦り付けるなどすると、その刺激にペニスが慣れてしまいます。もちろん、強く握ってこすることで射精感が一気に高まってくることから、

すぐにオナニーが終了してしまう恐れもあるでしょう。

正しいオナニーのやり方としては、親指と人差し指で輪を作り優しくペニスを握ってしごく。もちろん、ストロークもゆっくりが基本ですので注意してください。

ゆっくり時間をかけて射精

フル勃起したペニスを優しくしごいている時、途中でどうしても抜きたいシーンなどに出会うと、“今すぐ射精したい…!”と思ってしまうものです。

結果、そのシーンに焦点を当てて思い切り力を入れてペニスをしごき射精。これでは、今までの苦労が水の泡となります。

あくまで、射精したいシーンや画像を見つけたとしても、射精感をゆっくりと高め、時間をかけて射精するようにしましょう。先ほども伝えましたが、プロセルを楽しむということをオナニーでクセづけましょう。

例えば気に入った動画あるとすれば、その数分前から物語に入ってゆっくりとペニスをしごき照準を合わせ…発射。

こうすることでより興奮度が高まりますし、射精時により高い興奮感を得ることができるのです。(射精時に足を伸ばして力を入れる、足ピンオナニーは射精障害を引き起こす可能性があるので注意してください)

後処理

射精のスタイルは人それぞれだと言われています。複数枚のティッシュでペニスの先端を包み込みその中に射精。ティッシュを数枚床においてその上に射精。また、床や壁などに放出される方もいるでしょう。

基本的に、正しい放出法はありませんが、“後処理がしやすく、他人に迷惑をかけないこと”が重要です。例えば、家族やパートナー、友人と暮らしている部屋に精子をバラまき、そのまま処理せずに放置していたらどうでしょうか。

かなりキツい臭いが充満し大迷惑をかけることは火を見るより明かです。

射精をした周辺はしっかりと拭き取り、ペニスに残ってる精子もしっかりと拭き取り、“オナニー前”の状況に回復させて終了させましょう。

オナホールや便利グッズを利用する方法もある

オナホール風の筒

ここまでは、手動での正しいオナニーの仕方をお伝えしてきました。

じつは、オナホールやラブグッズを利用した正しいオナニーのやり方もあるので試してみてもいいでしょう。アダルト系のグッズで有名なTENGAには、「TENGAヘルスケア メンズトレーニングカップ」という製品が用意されています。

本来は、膣内射精障害を防止する目的で開発されたものですが、これらを使うことで女性の膣内を意識した、“正しい快楽”を得ることができます。オナホールというと、快楽だけを追求した変態アイテムと思われがち。

しかし、使い方によっては正しいオナニーの救世主ともなり得ます。

ほか、おすすめのグッズを紹介していきましょう。

衝撃のオナホ「シンクロオナニー」

シンクロ

正しいオナニーをするためには、何よりも“リアリティ”が必要です。股間における性的刺激もさることながら、オカズとして見ているAV動画と連動することが何よりも重要。
そんな願いを叶えてくれるのが、「シンクロオナニー」というグッズです。
専用アプリを利用すると、なんとAV動画に出演している女優の動きと連動して動いてくれるという驚くべき機能性。
基本的に「シンクロオナニー」は電動オナホールとなっており、女性の繊細な動きを表現した回転速度やピストンを楽しむことができます。
自分勝手なオナニーではなく、あくまで「本物の女性」とセックスしているようなオナニー体験ができるのは「シンクロオナニー」だけ。
ぜひ、チェックしてみてください。

シンクロをチェックしてみる。

ペニス増大で強い快楽を得る!「MADDD EX」

正しいオナニーには、正しい快楽が必要です。

例えば、ペニスがしっかりと勃起していないのに無理やりオナニーをしたり、自分のペニスが小さいから…ということで元気をなくしながらオナニーをするのはNG。

正しいオナニーのやり方は、健康的なペニスがあってこそ成り立つものです。

しかし、簡単にペニスを大きくはできないもの…。そこで、おすすめなのが「MADDD EX」です。
「MADDD EX」は、男性器用のオールインワン増大クリームで、陰嚢部へ塗布することで増大効果を期待することが可能。
「MADDD EX」を塗布することでペニスへの血流がスムーズになったり周辺筋肉、また男性ホルモン分泌に役立つ成分が促進されるなど、強烈な増大効果が期待できます。
硬く、たくましいペニスでオナニーをすることで正しい快楽をゲット。
ぜひ、興味がある方は「MADDD EX」をチェックしてみてください。

MADDD EXをチェックしてみる。

最後に

自信をみなぎらせている男性

オナニーは、“自慰”とはいえ快楽を得るだけの行為ではありません。自分のペニスを健康に保ち、パートナーとのセックスをよりよいものにするための準備という側面もあるのです。

正しいオナニーというと説教くさい感じになりますが、気持ちいい射精をいつまでしたいのであればしっかりと理解しておくことが重要です。ぜひ、正しいオナニーのやり方を実践し、いつまでも元気なペニスをキープしましょう。

The following two tabs change content below.
編集部 ナオトa.k.a Muscle Man

編集部 ナオトa.k.a Muscle Man

前職はIT関係で働くもブラックすぎて退社 現在はライターという天職を見つけ毎日が夏休み気分! 趣味はダンスと筋トレで体脂肪を1桁でキープするのが生きがい。

ライター紹介はこちら