セックスで彼女がイカない時の原因と対処法とは?具体的なコツも解説!

                                       
                                   

愛する彼女とのセックスは至福のひと時ですよね。しかし彼女がなかなかなかイカないので悩んでいるという人も多いでしょう。

男性と女性は体の構造が根本的に異なるため、思うようにいかないのは無理もないですが、できることなら彼女にも気持ち良くなってもらいたいですよね。

この記事では彼女がイカない原因やその対処法について解説していきます。
ぜひ参考にして、彼女と気持ちいいセックスを楽しみましょう。

女性の「イク」とはどういう状態なのか?

リラックスするカップル

男性はイクと同時に射精をするのでわかりやすいですが、女性はイク瞬間に必ず体液を放出するというわけではありません。

女性のオーガズムは男性がイク時の快感の数倍にもなるというのですから、その感覚を理解できないのも当然です。

では女性の「イク」という状態はどのような感覚なのでしょうか?

この感覚の表現に関しては女性によって意見が分かれるところでもありますが、よく言われるのは「頭から足先まで電流が走るよう」「頭が真っ白になる」「高いところから落下するような浮遊感」などです。

愛する彼女を、自分の手で快感の頂点に導いてあげられたら男性としても嬉しいですよね。

彼女がイカない原因

彼女がイカない原因

彼女がイッてくれないからといって「自分のスキル不足なのか…」と落ち込んではいけません。

イク時の感覚も男女で異なりますが、イクまでのプロセスも男女で大きな違いがあるので、そこに原因が隠れているかもしれません。

では彼女がイカないのは何が原因なのでしょうか?

考えられる要因をいくつか紹介していきましょう。

激しくしすぎる

AVを見て育ってきた男性たちの頭に「女性をイカせる=性感帯を激しく愛撫する」というイメージが染み付いてしまっているのは無理もないことです。

しかしそれは大きな間違いです。AVはあくまでアダルトジャンルのエンタメの一つであり、男女のセックスの指南書ではないのです。

男性はペニスを激しくシゴくと射精を迎えますが、女性は激しく愛撫すれば、また激しくピストンすればイクというわけではありません。ここを誤解してしまっている男性は意外と多いので注意が必要です。

前戯が足りない

男性が早く挿入したいがために、前戯をあまりしないというパターンです。

セックスは男女2人でするものですので、男性の独りよがりなセックスでは女性が気持ち良くなれるはずもありません。

もし彼女に気持ち良くなってもらい、イカせてあげたいと思うのであれば、まずは「自分だけ気持ち良くなろう」という気持ちと行動を捨て去ることから始めましょう。

開発されて無い、または元々感じにくい

性欲の強さは男性の中でも個人差があります。1日に何回でも射精できてセックスもオナニーも大好き!という人もいれば、そもそもエロにあまり興味がなく、彼女がいてもセックスをあまりしないという人もいます。

それと同じく、女性にも性欲の強さや感度の良さにおける個人差があります。

少し素肌を触れられただけで感じてしまう女性もいれば、感じるという感覚があまりわからないという女性もいるのです。

イクことに抵抗がある

セックスに関して経験が浅く体も未開発な女性は、イクという未知の感覚に恐怖または抵抗を覚えているという可能性もあります。

男性のように性器を弄っていればイケるという単純な話でもないため、「イク」という感覚に至らない女性は多いのです。

パートナーへの気持ちが冷めてしまっている

体だけでなく心のコンディションも重要な要素となるセックスにおいて、パートナーに対する気持ちが冷めてしまっているというのはかなり致命的です。

気持ちが盛り上がらずにイクことができないということは大いにあり得ます。

元々セックスが好きではないということもあるかもしれませんが…

もし手遅れでないのであれば、まずはしっかり話し合って関係の修復から始めましょう。

彼女をイカせるためには?

彼女をイカせるためには?

彼女がイクことができない原因が、男性のスキルにあっても、女性の体の現状にあっても、まだ諦めてはいけません。

いずれにせよまだまだ改善の余地はありますし、要領さえつかめばセックスの度に彼女をイカせることも十分可能です。

さっそく彼女をイカせるための方法に関して紹介していきましょう。

まずはリラックス

女性によって感じる性感帯やイクためのスイッチは異なりますが、イクための前提条件として「リラックスしていること」というのが挙げられます。

女性の体のことは女性しかわかりませんが、かといってセックスの最中に彼女がプレッシャーを感じて「イカなきゃ、どうやったらイケるんだろう…」とばかり考えていては、セックスを楽しむどころではなくなってしまいます。

いろいろ考えることももちろん大切なのですが、まずはカップルでの大切な触れ合いの時間を楽しむことから始めましょう。

またリラックスできる空間を作ってあげるために、照明にこだわったり愛をささやきながら愛撫してあげたり、音楽やアロマなどの環境づくりも重要です。

この辺りは個人によって好みが異なるので、お互いの好みを話し合いながらいろいろ試してみましょう。

前戯をしっかりしてあげる

前戯をおろそかにしていたという男性の方々は、まずしっかりと前戯をしてあげることから始めましょう。

かといって、乳首やクリトリスなどの性感帯をひたすら愛撫するだけではダメです。
耳や首筋、足や腰、背中なども優しくなぞってあげたり、舐めてあげたりしてみましょう。

「いじる」というよりは、まずは彼女が気持ち良い箇所や触り方を「探す」ということが大切です。
指先やワキなど、彼女本人もまだ気付いていない性感帯はごまんとあるはずです。

もちろん手マンをしていても、膣内の感じるポイントもまた人それぞれです。
そして乳首も同様で、彼女が感じやすい触り方、舐め方があるので探ってみましょう。

またここで注意してもらいたいのが、満を辞してクリトリスを触る際にはかなり優しく触りましょう、という点です。
クリトリスは代表的な性感帯なだけでなく、多くの神経が集中していてかなり敏感なので、他の部位よりもより一層丁寧に扱いましょう。

一気にイカせるのではなく、いろんなところを愛撫してあげて、快感を積み上げるように。
彼女と話したり、反応を見ながら一緒に気持ち良いポイントを探っていくことでお互いの理解も深まります。

そして挿入してからも、いきなり激しくせずにまずはじっくりゆっくり動かしていきましょう。
彼女を気持ち良くしたい気持ちが先行して激しくピストンしたい気持ちはわかりますが、そこはぐっと堪えて、膣内の気持ち良いポイントを探ってみましょう。

膣内の気持ち良いポイントがわかると、その後に変えていく体位の展開が生まれ、挿入の時間がより良いものになるはずです。

イキそうな時はイキそうと言ってもらう

男性が良い感じで愛撫し、彼女がイキそうになっているのに、気づかずに別の愛撫に移ってしまう…というパターンは意外と多いのです。
彼女とセックスの最中、もし彼女がイキそうになったら恥ずかしがらずに「イキそう」といってもらいましょう。

そして大事なのはここから。
男性としては「イキそう」の一言でテンションが上がり、愛撫なりピストンなりを激しくしてしまいそうですが、これはNGです。

そこから一定のリズムや強度をキープし、彼女を絶頂に導いてあげましょう。

また彼女だけが恥ずかしくないよう、男性も彼女に対し「気持ち良いよ」などと声をかけてリードしてあげることも重要です。

大人のおもちゃを試してみる。

バイブやローターなどの大人のおもちゃはAVの世界だけのものではありません。イマイチ興奮しなかったりマンネリ化してしまっているカップルのセックスに加える一種のスパイスとしてとても有効です。

絶対に取り入れなければならないというわけではないですが、セックスライフに刺激を取り入れる一環として試してみる価値は大いにあります。

また彼女がなかなか感じにくいというカップルには、媚薬などの女性が感じやすくなる製品を取り入れるという選択肢もあります。

塗るタイプの媚薬リュイールホット

リュイールホット

「媚薬」と聞くと、多くの男性はAVで観るような「飲むタイプ」「錠剤タイプ」の媚薬をイメージすると思います。

しかしいざ「彼女とのセックスで媚薬を取り入れてみたい!」となっても、さすがの彼女もいきなり得体の知れないモノを口にするというのは抵抗があるはずです。

ですがここで紹介する製品「リュイールホット」は塗るタイプの媚薬ですので、飲むタイプの媚薬に抵抗がある女性でも安心して試すことができます。

適量を手に取り性器などに塗り込んで愛撫するだけなので使い方も簡単ですし、いやらしさをあまり感じない化粧品のような可愛いパッケージも魅力のひとつです。

媚薬というツールを使うことによって、彼女をいつも以上に感じさせることができると同時に、普段のセックスよりも気分が盛り上がり素敵な時間を過ごすことができるでしょう。

リュイールホットを試してみる

しっかりと彼女と対話し、原因を探るところから

しっかりと彼女と対話し、原因を探るところから

原因・対処法に関して具体例をいくつか紹介してきましたが、いずれに関しても「彼女とセックスに関してしっかり話し合う」ということが大切になってきます。

下ネタだからといって恥ずかしがらずに、セックスは2人にとってとても大事なことですので、きちんと対話していきましょう。

また女性には生理周期などで性欲旺盛な時期、そうでない時期なども存在しますし、体調やメンタルの状態などでもセックスの内容が左右されます。
その辺りもきちんとコミュニケーションが取れてないとギクシャクしてしまいがちなので、カップルの間で定期的にセックスに関して話す習慣を持つと良いでしょう。

最後に

最後に

いかがでしたでしょうか?

彼女をイカせることができるようになるとセックスはもっと楽しいものになりますし、セックスに関して2人でしっかり話し合うことで、2人の心も体も距離がグッと縮まることでしょう。

ぜひ実践して2人のラブタイムをより良いものにしていきましょう。

The following two tabs change content below.
編集部 ナオトa.k.a Muscle Man

編集部 ナオトa.k.a Muscle Man

前職はIT関係で働くもブラックすぎて退社 現在はライターという天職を見つけ毎日が夏休み気分! 趣味はダンスと筋トレで体脂肪を1桁でキープするのが生きがい。

ライター紹介はこちら