電マを上手に使えば誰でもデキる!女性を潮吹きさせる方法とは!?

                                       
                                   

男性であれば一度は女性を、“潮吹きさせたい”と考えたことがあるはずです。しかし、潮吹きをさせるのは高い技術が必要である上に、相手を開発する必要性も。

とはいえ、やり方次第で簡単に相手を潮吹きさせるテクニックがあるのです。それが、電マを使う方法。ここでは、電マを使って潮吹きさせる方法についてお伝えします。ぜひ、参考にしてみてください。

電マとは?

いやらしいアダルトグッズ

そもそも、電マとはどんなアイテムなのでしょうか。電マは、家電量販店などで販売されている電気マッサージの略。肩の凝りなどをほぐすために開発されている医療器機のことです。

アダルトグッズに興味がある方は電マと聞くといやらしい気持ちになりますが、じつは家庭などで使う一般的な電化製品だったのです。

電マがアダルトグッズになる理由

本来、筋肉などをほぐす目的で使用されている電マ。

なぜ、アダルトグッズとして認識されるようになったのでしょうか。まず、家庭用の電マを陰部などに当てた経験がある方は少なくないでしょう。

最初はブルブル震える物体があたってくすぐったいだけですが、続けていると不思議な気分になってきます。人によっては勃起している状態で電マを当てがい、あまりの快楽に射精してしまう…なんて方もいるとか。

カップルが相手の股間に電マを当てて遊んだり、それが気持ち良いなどいった理由からアダルトグッズのひとつとして数えられるようになってきたのです。

アダルト目的の電マ

しかし、家庭用の電マはかなり振動が強い上にサイズが大きめです。そのため、利用される側が強い痛みを伴ってしまう可能性があります。やりようによっては快楽を得ることができる電マ。

結果、アダルト専用の電マなどが開発されることになり、今では数多くの機能を兼ね備えた電マが市販されているのです。快楽目的で開発されているため、サイズも小さく振動の強弱も繊細に選べます。

また、陰部に挿入できるようなものなどもあったり多種多様。ローターやバイブより振動が強いことも関係していか、強烈な快楽刺激を求めている方に大人気のグッズとなっているのです。

潮吹きとは?

激しく波打つ潮

次に、潮吹きのメカニズムについて学んでいきましょう。潮吹きというと、AV男優が女優の陰部に指を突っ込んで激しくかきまわして発射させているイメージがあります。

しかし、あれは演出のひとつであったり、女優もそれに馴れていることが関係して成立しているシーン。

女性を潮吹きさせる方法としては、やってはいけないテクニックと考えられます。電マで潮吹きさせるためには、まず潮吹きに対する正しい知識を知っておきましょう。

尿ではない?

潮吹きは、女性の陰部から発射されることから「尿」だと思われている向きがあります。たしかに医学的には成分は尿と同じだと考えられていますが、厳密には別物。尿とは違い、潮吹きの“潮”は無色透明ですので全く同じと考えるのには無理があるでしょう。

スキーン腺

女性から発射される潮吹きの、“潮”は「スキーン腺液」と呼ばれている液体といわれています。女性の尿道の左右にはスキーン腺と呼ばれているところがあり、そこにスキーン腺液が溜まっていきます。

溜まっていったスキーン腺液は、スキーン腺に収まりきらなくなり、結果的に外に潮として発射される…という仕組みになっています。その量は人それぞれですが最大カップ2杯程度といわれているため、シャワーのように出てくるAVシーンは演出と捉えることができるでしょう。

我慢できてしまう

潮吹きは、セックステクニックがかなり優れている人にしかできない。

そう思って諦めていた男性もいるかもしれません。しかし、前述した理屈から潮吹きはコツを掴めばどんな方でもさせることが可能です。もしかしたら今までセックスをしている最中、相手を潮吹きさせる状態にしていた可能性もあるでしょう。

では、なぜ潮吹きしてくれなかったのか。その理由のひとつが、「潮吹きは我慢できる」からです。

前述したように潮吹きは尿とは違うものの、尿意と似た感覚を覚えるといわれています。つまり、女性側とすればセックス中に尿がしたくなってしまったと錯覚し、それを我慢してしまうのです。

つまり、今後潮吹きをさせるためには、“それは尿ではなく、潮。思い切り我慢せずに発射しても問題ない”ということを相手に伝え、了承を得る必要があるのです。

潮吹きをさせるために必要な性感帯

絡み付く男女

潮吹きは、女性が強い快楽を得ているときに起こる現象です。

しかし、快楽を与えていれば必ず潮吹きするわけではありません。要するに、潮吹きをさせるために責めるべき部位があるのです。ここからは、女性を潮吹きさせるために覚えておくべき責める部位を解説していきましょう。

クリトリス

外イキを誘発する、女性の性感帯「クリトリス」。

電マで潮吹きさせるためにも、絶対に外すことができない重要な部位です。クリトリスは、女性の体の中でもかなり敏感な場所であり、性的刺激により強い快楽を得ることができる部位。

とはいえ、敏感過ぎることからある程度の開発が必要な部位でもあるようです。痛がったりくすぐったいなど、そういった状態ではなかなか潮吹きがさせられません。

いつまで責められてもクリトリスが快楽であり続けるように、調教しておくことが求められるでしょう。

Gスポット

女性を快楽に導きたいと思っている男性であれば、一度はGスポットという言葉を耳にしたことがあるはずです。

Gスポットとは、女性の膣内の入口付近の上壁にある部分で、ざらざらしていたりぷっくりしている部位。中指を入れて第二間接を曲げると、ちょうど指の腹当たりが触れるところです。

Gスポットを責めることで中イキを誘発することが可能ですが、じつはスキーン腺液が溜まりやすくなる部位でもあります。ここを上手に責めることによりスキーン腺液が溜まり、一定の快楽を越えたときに潮吹きが起こると考えていいでしょう。

そのほかの部位

潮吹きをさせるためには、ほかに子宮奥部に位置しているポルチオなどへの刺激も効果的です。そのほか、乳首や唇といった部位も同時に責めるとよいでしょう。

要するに、女性を感じさせてスキーン腺液を溜める。その女性の性感帯を快楽刺激し続けることにより、その絶頂の末に潮吹きが待っているということなのです。

電マでの潮吹きのさせ方

セックス前の男女カップル

潮吹きの理論が理解できたでしょうか。ここからは、さっそく電マを使った潮吹きの方法を紹介していきましょう。

電マに馴れさせる

電マで潮吹きさせる…というと、いきなり相手の了承を得ずにクリトリスを執拗に電マで攻撃する方がいますが絶対にやってはいけません。

もし、相手が電マのヘビーユーザーであればよいですが、多くの女性は電マ未経験の可能性があります。そのため、女性側に電マでの性的刺激を馴れさせるところから始めてください。

電マは、刺激がかなり強いアダルトグッズですので女性によってはその刺激をいやがる方もいます。まず、相手に“電マは快楽を得られるエッチな道具”と思い込ませるところからがスタートなのです。

リラックスさせる

潮吹きをさせるとなると、とにかく興奮するシチュエーションがいいと考えがち。

しかし、実際に潮吹きはリラック状態でないとうまくいかないことが多いので注意しましょう。
“この人の前であれば全てをゆだねられる”。そう思わせる環境と前戯からスタートします。

また、前述したように潮吹きは尿意と同じ感覚となります。“おしっこしたくなっても、我慢せずに好きに放出しちゃってね”など、それが潮であること、そして尿ではないので好きに発射してよいことを伝えておきます。

何もいわず、とにかく無理やり相手に潮を吹かそうとすると大抵失敗します。

一回イカして体を馴らす

電マで潮吹きをさせるコツとしては、一度女性をイカした後に電マで責めるやり方です。女性は一度イクとその後、イキやすくなると考えられています。

指でクリトリスをせめて外イキさせ、手マンでGスポットなどを執拗に責めてください。もし、セックスをするのであればそれでもいいでしょう。とにかく、相手を快楽のるつぼに落とし込むことで潮吹きをしやすい状態へと持ち上げていくのです。

電マで責める

ある程度、女性が潮吹きしやすい体になってきたら電マの登場です。まず、乳輪から乳首、そして膣の周辺などを弱モードで優しく責めていきましょう。いきなり強モードで無理やり陰部に押し付けると強い痛みと驚きを与えてしまい、今までの苦労が全て水の泡になります。

ゆっくり、ゆっくりと優しくいやらしく執拗に電マで体全体を責めましょう。陰部に当て、相手がよがりだしたらラストスパート。ついに最終段階へと向かいます。

中イキさせた後に使い続ける

快楽に溺れる女性

この時、おすすめが指などでGスポットを刺激して中イキさせることです。一旦、電マは置いておき(体を馴れさせるために利用した)、中イキさせます。キスをしたり乳首を愛撫したり、たっぷりと愛してあげましょう。

女性が中イキしたことをチェックしたら、電マの登場です。そのまま、クリトリスに当てて快楽を継続させます。Gスポット刺激でスキーン腺液が溜まっている中、クリトリスに永遠と電マの振動が加わると体全身の力が抜けて尿意をもよおしてきます。

“ちょっと…止めて!やばい!”といったような声が出てきたら潮吹き間近。“安心して思い切り出していいよ”などと伝え、思い切り潮を放出させましょう。

相手が馴れてくれば、電マからの入りでも潮吹きをさせることができますが、男性と違い女性は過程を楽しみます。長い付き合いであっても、じっくりと「電マ潮吹きプレイ」を楽しむ方がよい潮吹き体験を味あわせてあげられるのではないでしょうか。

潮吹きに最適な電マ

コンドームとアダルトグッズ

電マで潮吹きさせるためには、どの電マを使うのかにもこだわっていいでしょう。電マにはさまざまな種類があり、どれを選ぶかによって相手の反応も違ってくるはずです。

さっそく、おすすめの電マについて紹介していきましょう。

シーツびしょ濡れ!「ラブデンマ」でイク!

ラブデンマ

淡いピンクとブルーのコントラストがおしゃれな電マ、「ラブデンマ」。

いかにも…といったデザインではなく、アイスクリームのような愛らしい見た目が二人の気分を盛り上げます。

見た目によらず「ラブデンマ」は、10パターンの振動と強弱5段階を調節できるハイスペックアイテム。

女性人気も高い魅力溢れる電マとなっています。

ラブデンマを試してみる

エッチな気分を盛り上げる!「電マコレクション ミントグリーン」

ほど良いサイズ感が魅力のハンディータイプ電マ、「電マコレクション ミントグリーン」。

ドスケベアイテムが揃うM-ZAKKAで購入可能なこの電マですが、素材にハイパーシリコンを利用したこだわりの逸品。

10種類のバイブレーションに微弱も設定できる機能性の高さも魅力です。爽やかでおしゃれなミントグリーンカラーも女性に好まれるのでおすすめです。

M-ZAKKA

M-ZAKKAをチェックする

クリ責めに最適!「フェアリーベイビー」

ユニークなアダルトグッズを揃えるNLSがおすすめしている電マ、「フェアリーベイビー」。

電マ=ビッグサイズという常識を覆す、全長6.9cm&太さ2.0cmという超ミニサイズが特徴的。

毎分12500の高速回転という見た目以上の馬力、付属のUSBケーブルで充電可能といった機能性の高さは他の追随を許しません。

クリトリスを執拗に責め続けるには最適なミニ電マです。

アダルトグッズと大人のおもちゃ【NLS】

NLSをみてみる

電マなら潮吹きさせられる!

セックスを求めている女性

電マは刺激が強く、扱いに馴れていないと女性から嫌がられてしまうリスクのあるアダルトグッズ。とはいえ、上手に使えば女性を潮吹きさせて最高の快楽へ導くことができるアイテムでもあります。

電マの特徴、潮吹きのメカニズムを知り、女性のあそこから吹き出す潮を浴びれるように努力してみてください。

The following two tabs change content below.
編集部 ナオトa.k.a Muscle Man

編集部 ナオトa.k.a Muscle Man

前職はIT関係で働くもブラックすぎて退社 現在はライターという天職を見つけ毎日が夏休み気分! 趣味はダンスと筋トレで体脂肪を1桁でキープするのが生きがい。

ライター紹介はこちら