クリ責めで女性を連続イキさせる4ステップ!そのテクニックとは?

                                       
                                   

セックスの際、女性が一番やって欲しいと思っているのがクリ責めです。

クリトリスはとても小さな部位ですが、感度は抜群でその気持ちよさは男性のペニスどころではないと言われています。

それだけに、上手く刺激してあげることができれば、1回イカせるどころか、何回も連続でイカせることができます。

そこで今回は、クリ責めで女性を連続イキさせる方法を4つのステップに分けてご紹介していきます。

クリトリスとは

クリトリスとは

クリトリスは別名を「陰核」といます。

男性のペニス同様、クリトリスもその本体は海綿体で構成されていますが、大部分は身体の中にあり、表面にでているのは「包皮」と「亀頭」だけです。

また、興奮すると勃起し固くなるという点もペニスに似ています。

女性の大半は男性でいうところの仮性包茎なのですが、勃起することで自然と包皮が剥け、固く大きくなった亀頭が表にでてくるようになっています。

クリトリスの役割とは?

男性のペニスとの共通点が多いクリトリスですが、そこから尿が出るわけではありません。

となると、「クリトリスの役割は何?」という疑問が湧いてくるわけですが…

現在もっとも可能性の高い学説として言われているのが、「クリトリスに性感帯以外の役割はなく、性的興奮を高めることに特化した器官」というものです。

つまり、セックスで女性をイカせるためには、クリ責めが非常に効果的であるということになります。

クリイキさせるための触り方

クリトリスが性的興奮を高めることに特化した器官である以上、そこを責めない手はありません。

しかし問題なのは、「どう責めるのか」という点です。

そこでここからは、クリトリスの責め方を4つのステップにわけてご紹介していきます。

なお、クリトリスは非常に敏感な器官ですから、以下の点にはくれぐれも注意してください。

<クリトリスを責める時の注意点>
●あくまでも優しく愛撫すること
●爪でひっかかないこと
●強く押すようなことはしないこと
●ある程度愛液で濡れている状態で愛撫すること

1stステップ 下着の上からクリトリスを愛撫

下着の上からクリトリスを愛撫

いくら最高の性感帯だからとはいえ、最初から直接愛撫するのはNGです。

そこでまずは、下着の上から女性器の割れ目に沿ってなぞるように愛撫していくことになります。

これはクリイキさせるための前段階であり、ここでイカせる必要はありません。

なので、包皮が剥けていない場合(クリトリスが勃起していない場合)は、「じらし」の効果があります。

逆に、包皮が剥けている場合は、下着とクリトリスの間で摩擦がおきて摩擦熱が発生することで、心地良いシビレを女性を与えることができます。

もっとも、女性の下着を汚してしまうことにもなるので、あまり長時間の愛撫はおすすめできません。

なので、女性から軽い喘ぎ声(荒い呼吸)が出始めたら、次のステップへと移行してください。

なお、クリトリスを愛撫する前に、キスやハグ、首筋舐め、胸への愛撫は必須となります。

それらが十分であれば、ある程度の愛液が下着越しにも確認できるはずです。

逆に、もし濡れていなければ、それは前戯が不十分であり、クリイキさせる以前の問題となります。

2ndステップ クリトリスを直接愛撫

2ndステップでは、クリトリスを直接愛撫してより強い刺激を与えていきます。

ここでの基本動作は二つあります。

一つめは、クリトリスの根元を円を描くように刺激しつつ、時折下から上へさすり上げることです。

これは男性がオナニーする際に、根本から亀頭までを上下にこするのと同じです。

基本動作の二つめは、クリトリスの先端部分を中指(または人差し指)の腹で優しくかつ素早く刺激することです。

これは女性にフェラチオをしてもらう際に、ペニスの先端を素早く舐めてもらうと気持ち良くなるのと同じです。

当然、非常に強い刺激となるので、正しく愛撫できていれば、多くの女性がこの段階で最低1回はイキます。

なので、まずはここまでの段階で1回イカせることを目標にクリ責めのテクニックを磨いていくことになります。

 

クリトリスを直接愛撫するときのコツ

クリトリスを直接愛撫していると、あまりの快感に女性が動いてしまいます。

まして、イキそうになった女性は下半身が動くものなので、クリトリスを外さずに愛撫し続けることは大変難しいのです。

とはいえ、クリトリスを外してしまっては、せっかくクリイキしそうになっていた女性の興奮が覚めてしまいます。

そこでおすすめなのが、愛撫している指の近くに親指を添えるというテクニックです。

単純なテクニックですが、親指を添えることでそれが目印となり、安定して愛撫し続けることができるようになります。

「なるべくスムーズにイカせたい」という人は、このテクニックを試してみると良いでしょう。

3rdステップ クリトリスを舐める

クリトリスを舐め

クリ責めの3rdステップは舐めることです。

いわゆるクンニであり、手マンと同時進行にすれば極めて強い刺激を与えることができます。

この時の舐め方は、直接愛撫する時と同じで、クリトリスの根本から亀頭に剥けて舐める方法と、クリトリスの亀頭部分のみを集中的に舐める方法があります。

また、上記とは別に、クリトリスを吸うというのも効果的です。

どの方法にせよ、手マンしながらクリトリスを舐めるという行為は最強の刺激策ですから、2ndステップに続いてこのステップでもイカせることができるはずです。

それどころか、潮を吹く女性も多いので、クリ責めのクライマックスともいえます。

4thステップ 連続イキするまでいじめてみる

連続イキするまでいじめてみる

ここまでのステップで十分にイカせることができるはずですが、実は女性にはより深い快感が待っています。

それが「連続イキ」です。

女性がイッた後、多くの男性が責めるのを止めてしまいます。

しかし連続イキでは、女性がイッても責めるのを止めず、すぐにまたイカせることを目指します。

一度イった後の女性器は極めて敏感なので、「もうやめて!」と言い出す女性もいるのですが、そこであえていじめてみるわけです。

するとどうなるか…

女性は極度の刺激に耐えられず、腰が激しく動いたり、喘ぎが止まらなくなったりします。

この間、不快とも快感ともいえないもの凄い刺激によっていじめられているわけですが、見事連続イキに達っする瞬間は前回とは比べ物にならないほどの快感となります。

一度この快感を味わった女性なら病み付きになるはずなので、思い切っていじめてみるのも良いでしょう。

ただし、女性が「痛い」と言い出すこともあります。

これは愛液が足りていないか、それまでの愛撫で傷付けてしまったことが原因ですから、すぐに止めるようにしましょう。

ラブグッズを使ってクリ責めするのもあり

ラブグッズを使ってクリ責めするのもあり

ここまでは愛撫や舐めることによってクリ責めする方法をご紹介してきましたが、ラブグッズを使って責めるというのも非常に効果的です。

たとえば、1st~2ndステップにおいては電マが有効です。

最初は「弱」から始めて、女性が十分に濡れてきたところで「強」に切り替えていくと良いでしょう。

また、3rdステップではローターを使うと手マンと同時進行しやすくなります。

その他、塗るタイプの媚薬をクリトリスに使用したり、飲むタイプのものをセックスの前に服用しておくという手もあります。(媚薬の効果は体調と体質によって大きく変わります)

電マならラブデンマ

ラブデンマ

クリ責めに使うアダルトグッズといえば、王道はやはり電マでしょう。

電マでクリ責めされて女性が悶えるのはAVでもお馴染みのシーンとなっていますから、最強クラスのラブグッズだといえます。

そんな電マのなかでも特に好評なのが、「ラブデンマ」です。

<ラブデンマの仕様>
●全長:18.0cm
●ヘッド直径:3.3cm
●電源:単三電池×4本使用

ラブデンマは見た目こそキュート&ポップですが、かなりのハイパワー(5段階調節)を誇っています。

しかも、振動パターンが10種類もあるので、女性側のあらゆる好みに対応することができます。

気持ち良さのレベルがまったく違う」と大変好評で、一人エッチのお供に愛用する女性も多いのだとか。

そんなラブデンマをクリ責めに使ってみてはいかがでしょうか。

ラブデンマを試してみる

まとめ

クリ責めで連続イキさせる方法のまとめ

この記事では、クリ責めで連続イキさせる方法をご紹介しました。

クリ責めは、下着の上から軽く愛撫することに始まり、クンニと手マンの同時進行で絶頂へと誘うのが基本的な流れとなります。

上手くやれば、その間に女性は何度もイクことでしょう。

また、一度イった女性を休むことなく責め続けることで連続イキさせることもできます。

挿入時よりもクリ責めの方がイカせやすいので、「連続イキさせてみたい」という人はクリ責めで試してみてはいかがでしょうか。

The following two tabs change content below.
編集部 ナオトa.k.a Muscle Man

編集部 ナオトa.k.a Muscle Man

前職はIT関係で働くもブラックすぎて退社 現在はライターという天職を見つけ毎日が夏休み気分! 趣味はダンスと筋トレで体脂肪を1桁でキープするのが生きがい。

ライター紹介はこちら